[PR]

 7日午後8時45分ごろ、名古屋市守山区町南の名鉄瀬戸線の踏切で、尾張瀬戸発栄町行きの急行電車(4両編成)と乗用車が衝突した。守山署によると、乗用車を運転していた愛知県春日井市の会社員女性(22)が頭などにけがを負ったが、電車の乗員乗客約45人にけがはなかった。運転士は「踏切内に車はなかった」と話し、電車の側面と車の前部などに衝突した跡があることから、電車が通過中の踏切に乗用車が進入した可能性があるとみて調べている。

 事故の影響で、名鉄瀬戸線栄町―尾張旭間で約2時間にわたって運転を見合わせた。