[PR]

 バラの香りは頑張る力――。川崎医療福祉大(岡山県倉敷市)などの研究チームが、バラの香り成分の効果をマウス実験で立証した。アロマと言えばリラックス効果と思われがちだが、予想を裏切り、逆境に耐える力を増強するという意外な結果に研究チームも驚いたという。

 川崎医療福祉大の上野浩司講師(神経生理学)と川崎医大精神科学教室などの研究チームは、バラの主要な香り成分「2フェニルエタノール(2―PE)」をマウスにかがせ、様々な行動テストをした。事前実験で、マウスはこの香りを好きでも嫌いでもないことを確認した。

 その結果、尻尾をつまんで10…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら