[PR]

 大相撲の横綱、白鵬と鶴竜が九州場所(11日初日、福岡国際センター)を休場する。8日、2人の師匠が明らかにした。白鵬は手術した右ひざ、鶴竜は右足のけがのため。稀勢の里が初めて一人横綱として土俵に上がることになった。

 白鵬はこの日、福岡市内で開かれた部屋の激励会に出席し、右ひざを今夏ごろから痛めていたことを明かした。10月中旬に骨片を取り除く手術を受け、九州場所後の冬巡業には参加する意欲を見せた。鶴竜は九州入り後も出稽古を行うなど出場に向けて調整を続けたが、最終的に、痛めていた右足首の回復具合が万全でないと判断した。

こんなニュースも