[PR]

 JR新宿駅構内を歩いていた時だった。

 10月18日午後3時ごろ、カナダから旅行で訪れていたピーター・ソープさん(68)は、意識がぼんやりするのを感じた。発作の予兆だった。

 「ここで待っていて」

 異変に気付いた妻リズさん(70)は、宿泊先のホテルへの近道を尋ねようとその場を離れていった。通行人に話しかけるリズさんの背中が見える……。ピーターさんの記憶はここで、途絶えた。

 リズさんの誕生日を祝うため、企画した旅だった。四国でのお遍路や京都、奈良の観光を終え、3週間にわたる日本での日々も終わりを迎えようとしたころ、40年来、薬で抑えてきた持病が発症した。

 リズさんがピーターさんのもとに戻ると、人だかりができていた。ピーターさんはその場で倒れ、顔から出血していた。意識を失い、けいれんしていた。

 「私の夫なんです。てんかんの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら