[PR]

 沖縄県の米軍基地周辺で、使用が制限されている有機フッ素化合物が高濃度で検出されている問題について、沖縄県と防衛省沖縄防衛局、米軍は、県の提案で2年前から3者協議を続けている。だが朝日新聞が入手した議事録によると、基地内への立ち入りを求める日本側に対し、米軍は「内部で調査中」と繰り返すばかりだ。

 朝日新聞は沖縄県に対し、これまで開催された4回の会合のうち、作成済みの3回分の議事録の情報公開を請求し、開示された。

 議事録によると、協議はいずれ…

この記事は有料会員記事です。残り415文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り415文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り415文字有料会員になると続きをお読みいただけます。