[PR]

 マツダは8日、バルブスプリングと呼ばれるエンジン部品の不具合があったなどとして、アクセラなど4車種、計23万5293台(2012年2月~18年7月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。国交省によると、アクセラのほかの対象はアテンザ、CX―5、CX―8。エンジンの制御プログラムにも不具合があったといい、これまでにのべ725件の不具合情報が寄せられている。