[PR]

 今回はおたふくかぜについてのお話です。

 おたふくかぜは、正式には「流行性耳下腺炎」と言い、ムンプスウイルスによる小児の代表的な感染症です。非常にありふれた病気で、実際にかかった人も多いと思いますが、髄膜炎や難聴などの合併症を引き起こすこともありますから、注意が必要です。

 おたふくかぜの症状は、発熱を伴う、両方あるいは片方の耳下腺の腫れと痛みです。耳下腺は耳の前下方、下顎(かがく)角(あごの角)より上方に存在する唾液(だえき)腺です。耳下腺の腫れに続いて顎下(がっか)腺の腫れや痛みが出ることもあります。顎下腺も同じく唾液を分泌する唾液腺で、下顎角の前下方にあります。

 腫れと痛みは発症後1~3日が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら