[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズNHK杯に出場する男子のセルゲイ・ボロノフ(31、ロシア)は、フリーに特別な思いを込めて舞う。フリーの曲「Way Down We Go」は今年7月に強盗に刺されて亡くなった2014年ソチ五輪男子銅メダルのデニス・テン選手(25、カザフスタン)が振り付けした。「プログラムを滑るとき、彼が天国から見てくれていると願っている」と語る。

 8日の公式練習ではフリーの曲をかけて、ジャンプやステップを確認した。序盤に予定している4回転ジャンプを入念に練習した。

 今季GP初戦のスケートアメリカ3位。その会見で「デニス・テンの死を知ったとき、言葉を見つけることは難しかった。このフリーは彼が振り付けしたただ一つのプログラム。プログラムを最良のものにする責任を感じている」とフリーへの思いを語った。

 海外メディアRTによると、ボ…

この記事は有料会員記事です。残り283文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り283文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り283文字有料会員になると続きをお読みいただけます。