[PR]

 12年前、東京都内の自宅で当時生後11カ月の桜井亜衣ちゃんに暴行を加えて死亡させたとして、警視庁は、相模原市南区当麻、父親の自称会社員堀田伸輔容疑者(42)を傷害致死の疑いで逮捕し、8日発表した。容疑を認めているという。母親の証言や遺体の状況などから、日常的に虐待が行われていた疑いがあるとみて調べる。

 捜査1課によると、亜衣ちゃんは、堀田容疑者の当時の妻と、別の男性との間の子どもという。堀田容疑者は事件当時などの調べに対し、「こたつから落ちた」と説明していた。しかし、今年3月以降、改めて複数の医師らに聞き、外傷はもっと大きな衝撃を加えられたことによる疑いがあるとの意見が得られ、未解決事件に専従する同課特命捜査対策室が改めて本格的に調べていた。

 逮捕容疑は2006年12月30日、東京都新宿区新宿7丁目の当時の自宅マンションで、亜衣ちゃんに暴行を加えて頭の骨が折れるなどのけがを負わせ、07年3月9日、硬膜下血腫などに基づく気管支肺炎で死亡させたというもの。堀田容疑者は「いらいらしてやった」と述べているという。

 元妻は調べに対し、堀田容疑者について「子どもが泣くと、手を上げることもあった」などと説明しているという。

 当時の司法解剖で判明していた免疫に関わる臓器「胸腺(きょうせん)」の萎縮についても、虐待を受けた子どもに見られる特徴であることが新たに判明した。

 現場を管轄する区立東新宿保健センターでは乳幼児の健康状態や家庭の相談内容などを記録しているが、保存期間は乳幼児の死亡後5年で、すでに記録は廃棄されているという。センターの担当者は「虐待の有無など事件に関する情報があった可能性はあり、保管期限をどうするか検討する余地はある」と話した。