[PR]

 気象庁は8日、火山名としての「蔵王山」の読み方について、27日から「ざおうざん」と「ざおうさん」を併用し、いずれも正式な読み・表記にすると発表した。

 気象庁では火山名について、国土地理院の地図の表記などをもとに決めている。山形市など地元の意向を受け、国土地理院が今年3月から、読み方について「ざおうざん」と「ざおうさん」の併記を始めた。気象庁でもウェブサイト上の表記の改訂や、関係機関への周知などの準備を進めてきたという。

 山形地方気象台は「地元で親しまれていることもあり、山形では『ざおうさん』と読むことになるだろう」としている。