[PR]

 9月6日未明に起きた北海道地震の直後、道内はほぼ全域で大規模停電(ブラックアウト)が起きた。入院患者全員が人工呼吸という札幌市の病院では、復旧の見通しがないまま、医師たちが焦燥にかられていた。自家発電機の燃料は残りわずか。そのとき、医師の脳裏をよぎった過去のある経験が苦境に道を開いた。

 札幌市中央区の平成会病院は入院患者82人全員が人工呼吸という病院だ。「停電は即、患者全員の死につながる」と副院長の米山重人(よねやましげと、63)は言う。全患者の呼吸器と連動する生体モニターを医師らが24時間見守る。

 6日未明の北海道地震で同区は震度4。だが、朝、米山が病院に電話すると「自家発電が動いています」。重大な事態と気づいた。北海道電力からは、通常の送電線が不能になった事態に備え「予備線」もひいていた。それも途絶えたわけだ。

 病院に着くと、薄暗がりに緊急用ランプがともっていた。3階建ての屋上にあがり、発電機を確かめた。ざっと見積もって燃料がもつのは残りあと6時間だ。

 向かいにはガソリンスタンドが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら