[PR]

 囲碁の山下敬吾九段(40)が8日、第43期棋聖戦挑戦者決定戦で河野臨九段(37)に勝ち、プロ入りしてから史上最速の25年7カ月で通算1千勝を達成した。これまでの最短記録は結城聡九段(46)の27年1カ月だった。本局の勝利により、山下は井山裕太棋聖(29)への挑戦権を獲得し、年明けに開幕する七番勝負に臨む。現在進行中の天元戦五番勝負に続く井山への連続挑戦となる。(大出公二)