[PR]

 京都大は9日、ヒトのiPS細胞からつくった神経細胞を、パーキンソン病の患者の脳に移植したと発表した。iPS細胞からつくった細胞を実際の患者に移植したのは、国内では目の難病に続く二つ目で、脳への移植は世界で初めて。

 京大によると、移植手術は10月に実施。患者は50代の男性で、術後の経過をみていたが、いまのところ手術による脳出血などの問題は起きていないという。

 今回は、公的医療保険を適用した治療にするための「治験」の手続きをふむ。理化学研究所などが目の難病で進める臨床研究に比べ、より実用化に近い。治験として患者にiPS細胞からつくった細胞が移植されたのも初めてとなる。

 京大iPS細胞研究所が保管している第三者のiPS細胞からつくった神経細胞約240万個を、患者の頭部に開けた直径約1・2センチの穴から、注射針で移植した。計画では、薬物治療で症状を十分にコントロールできない50~60代の患者7人が対象。第三者の細胞をもとにしているため、拒絶反応を抑える目的で、1年間は免疫抑制剤を使う。2年間、経過を観察し、安全性や有効性を調べる。

 パーキンソン病は、ドーパミンという物質をつくる脳内の神経細胞が減少し、手足の震えや体が動きにくくなるといった症状が出る。厚生労働省の調査で国内に16万人の患者がいるとされる。(野中良祐