[PR]

 原発事故に翻弄(ほんろう)される双葉郡8町村の復興に向けた歩みを伝える民間の情報発信施設「ふたばいんふぉ」が11月、富岡町小浜の国道6号沿いにオープンした。8町村の住民をつなぐ「双葉郡未来会議」(平山勉代表)が運営している。

 施設は「月の下交差点」近くの建物の1階。事故当時の住民避難の様子など約100枚の写真付き説明パネルや資料、書籍などを並べている。帰還困難区域をドライブレコーダーで撮影した映像も流されている。

 平山さんが国道6号にかかる歩道橋に掲げた「富岡は負けん!」の横断幕も掲示。全町避難を強いられた町民やJヴィレッジから第一原発の事故収束に向かう作業員らを励ました幕だ。

 平山さんは2009年に富岡に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら