[PR]

 国内有数の花のテーマパーク・とっとり花回廊(鳥取県南部町、約50ヘクタール)で、冬のフラワーイルミネーションが始まった。中国地方最大級の140万個のLED照明が園内を彩り、今年の展示テーマ「宇宙(コスモ)」と、県が掲げる「星取県」にちなんだ光と音楽の演出で幻想的な雰囲気が楽しめる。来年1月14日まで。

 メインスポットは2カ所ある。一つ目が地球に見立てた高さ21メートルのガラス温室・フラワードーム内での「光の宇宙センター」。天井から約1670万色の光を表現できるシャンデリアのようなタワー(高さ約7メートル)がつり下がる。ドーム入り口にある花回廊のマスコットを描いたパネルに触れると軽快な音楽が流れ、音楽と光の競演が始まる。

 もう一つのスポットは、霧の庭園での「霧の宇宙ステーション」。3分間隔で流れる音楽と連動して、光のステーション(直径約80メートル)が様々な動きを見せ、中央から噴き出す霧で幻想的な空間も生み出す。宇宙への想像力をかきたてる演出になっているという。

 このほか花の谷では、川にはわ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら