[PR]

 プラスチックごみによる海洋汚染が世界的な問題になる中、三重大学大学院生物資源学研究科の研究室が木製のストローを作った。木を使った優れた製品や取り組みに贈られる「ウッドデザイン賞」も受賞。6~8日には東京ビッグサイト(東京都江東区)で展示するという。商品化には課題もあるが、「環境に優しい素材を使ったものづくりをさらに展開していきたい」と意欲を見せる。

 「ウッドストロー」と名付けられた製品は厚さ0・5ミリ、内径5ミリ。木質分子素材制御学研究室の野中寛教授(45)らが作った。

 開発のきっかけは、「プラスチックでできた紙袋の取っ手を紙と同じ素材で作れないか」という包装メーカーからの依頼だった。一昨年の春から、植物の繊維を粘土状にして成形する技術の開発に取りかかり、コンセプト製品として、マイクロプラスチックの問題で話題になったストロー作りに挑んだ。

 作り方は、木の粉に植物由来の…

この記事は有料会員記事です。残り684文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り684文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り684文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース