[PR]

 9月の台風21号でビニールハウスが損壊するなどの被害を受けた大阪府富田林市の農家らがクラウドファンディング(CF)を活用し、再建を目指している。農産物を返礼品に、ハウスの撤去やビニールの張り替えの資金を集めたい考えだ。関係者は「新規や若手の農家に再建のチャンスを与えてほしい」と話している。

 「一時、離農も頭をよぎりました」。就農3年目の青ネギ農家杉本三織(さおり)さん(37)は今回の台風で13棟あるハウスのうち1棟が損壊し、3棟のビニールが飛んだ。見積もりでは修繕に約800万円かかるとされたが、国の支援では全額はまかなえない。

 これから旬を迎えるネギは冬季の売り上げが年間の7割近くを占める。だが、冬の温度管理のために必要なハウスが破損した影響で冬の収量は目標の2~3割減になりそうだ。「お金のめどがつかないとハウスの建て替えもできない」と嘆く。

 府農政室によると、台風21号…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら