【動画】充電できなくなった携帯電話を再起動するイベントにたくさんの人が訪れた=沢木香織、山根久美子撮影
[PR]

 自分で充電できなくなった携帯電話を「復活」させるKDDIの無料イベント「おもいでケータイ再起動」が9日、大阪市北区の「auOSAKA」で始まった。かつての懐かしい写真やメールを見返した人たちは、笑ったり泣いたり。イベントは11日まで開かれている。

 「入った!」

 大阪市の美容師、藤井歩(あゆみ)さん(34)は7年前まで使っていた携帯電話を持ってきた。電源が入ると、声が華やいだ。結婚前の夫とのデート写真、職場で撮った同僚との写真、街中で偶然会った有名人との写真。「携帯って、パッと撮れるから本当の日常を切り取っている。こんなに思い出が詰まっていたんですね」

 携帯電話は一定期間充電しないと、電池が完全に放電するなどし、充電できなくなる場合がある。イベントでは、専用の機器を使って電池を充電し、携帯を再起動させる。再起動できれば、その後は市販の充電器で充電できるようになるという。au以外でも対応してもらえる。

 兵庫県尼崎市の若杉みさ子さん(61)は、約8年前に亡くなった母の携帯電話を手にやってきた。父と母が並んで写ったツーショット写真を見つけ出し、「すっごく、うれしい」と言葉を詰まらせた。

 約15年前に亡くなった父は照れ屋で、写真が苦手だった。若杉さんの手元には父母が若かった頃のツーショットしかなく、仏壇にも1人ずつで写った遺影を飾っている。

 母が携帯の待ち受け画面にしていたツーショット写真の存在が、ずっと脳裏にあった。若杉さんは来月、父母の面影が残る自宅から、沖縄県へ引っ越す。「ほんまにこれ1枚あれば良いんです。いつも見えるところに飾るつもりです」

 兵庫県から訪れた主婦(51)は、12年前に亡くなった父の生前最後の写真を探すため、携帯電話2台を持ってきた。末期がんで緊急入院した父と、手術前に病室で一緒に写真を撮影。2カ月後、父は亡くなった。いつかデータを移そうと思っていたら、電源が入らなくなっていた。

 電源が入ると、「ああ、これ主人だ」「何この写真、子どもが勝手に撮ったな」。笑みがこぼれた。だが、父の写真は見つからなかった。「ここに、ないことがわかって良かった」

 復活した大学3年の長男(20)と高校1年の次男(16)の幼い頃の写真を、持参したSDカードに保存した。「こんなかわいい時期があったことを思い出せた。今日は子どもたちに優しくできそう」

 大阪市内の会社に勤める本郷英樹さん(53)は長男の写真を見て、ほほえんだ。電車の前で直立する長男。小学校高学年の頃、初めて2人で旅行した時の写真だという。「もう見られないと思っていた」。今年4月、東京で就職した長男。年末に帰省した際に見せるつもりだという。

 1人で9台も持ってきた人も。…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら