[PR]

 9日午後5時53分ごろ、東京発盛岡行きの東北新幹線はやぶさ65号が上野―大宮駅間を走行していたところ、車内で煙が確認され、列車が緊急停止した。JR東日本などによると、6号車の乗客のモバイルバッテリーから煙が出ているのを乗務員らが確認し、消火したという。近くにいた乗客の一人が軽いやけどを負った。ほかに乗客の女性4人が気分が悪いと訴え、病院に搬送された。

 列車は大宮―盛岡駅間を運休とし、乗客約720人に影響が出た。ほかの列車は午後7時現在、通常通り運転している。