[PR]

 読書にいそしむ人が増える秋の夜長。本を開いた時に字が読みにくいようなら、ルーペがおすすめです。ユニークなテレビCMの「ハズキルーペ」が話題となり、昔からある手持ち型も含めて人気が再燃しています。

 「本当に世の中の文字は小さすぎて読めないっ!」

 俳優の渡辺謙さんが大声を張り上げるCMで話題を呼んだハズキルーペ。サングラスのような形で、「お年寄りが使う虫眼鏡」というルーペの印象を変えた。

 ビックカメラの通販サイトでも、売り上げの上位をハズキルーペが占める。メガネ型といっても視力は矯正できないが、視野が広く、文字を目で追うのに手を動かさなくてもいいことが利点だ。広報担当者は「両手が使えて便利。CMの効果もあり人気が伸びている」と話す。

 一方、文字や物をより大きく見たい時には、拡大率が比較的大きい手持ち型が使える。高島屋大阪店(大阪市)のメガネ売り場では、ドイツ製のLEDライトつきが人気。最近はこうしたルーペ片手に散策に出かけ、コケを観察することも一部でブームになっているという。

 持ち運びに便利なのはカード型。財布やポケットに入り、お店で商品の値札やラベルを確かめるのにも使いやすい。価格も数百円からとお手頃だ。

 定年延長などで働く期間が長くなっていることも、ルーペの人気を支えているという。高島屋の売り場担当の昇(のぼり)康祐さん(45)は「書類を見る回数は増える一方。ルーペは一つあれば一生ものです」と話す。(米谷陽一)

踏んでも大丈夫の頑丈さ

 ハズキカンパニーの「ハズキルーペ」は、メガネ型で視野が広く目が疲れにくいのが売り。レンズの大きさは3タイプあり、拡大率も1.85倍、1.6倍、1.32倍の3種類から選べる。柔軟性のあるフレームで、踏んでも壊れにくい。色はルビーやパールなど8色。1万167円。

ゆがみ少なくライト付

 エッシェンバッハ光学ジャパンの「モビラックス」は、LEDライトを内蔵。ゆがみが少ない角形の大型レンズ(7.5×5cm)を採用しており、拡大率3.5倍のタイプは新聞や本を読むのにちょうどいい大きさだ。付属のスタンドを使って固定することもできる。1万2千円。

財布に入る薄いシート状

 ビクセンの「フレンネルルーペ」は、シート状で手帳や財布にも入る薄さ。文庫本サイズ(126×71mm)は2倍の拡大率があり、本のしおりとしても使える。重さはわずか7gで、価格は500円。名刺サイズ(42×77mm)で拡大率3.5倍の商品は、重さ2gで200円。

拡大率可変の電子式

 サンワサプライの電子ルーペは3.5インチ液晶モニターを搭載。文字をゆがめずに表示でき、拡大率も5~9.5倍までの4段階で変えられる。画像を一時的に記録しておくこともできる。LEDライトつきで充電式。同社のサイトなどを通じて購入できる。1万3703円。

     ◇

 主なメーカーの製品から選びました。価格は税抜き(きりとりトレンド)