[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯は9日、広島県立総合体育館で男子ショートプログラム(SP)の競技が行われ、今年2月の平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が92・49点で首位発進した。2位は昨年覇者のセルゲイ・ボロノフ(ロシア)で91・37点。18歳の山本草太(中京大)が74・98点で6位、佐藤洸彬(南部美人)が67・38点で10位につけた。