[PR]

 第97回全国高校サッカー選手権栃木大会の決勝が10日、宇都宮市の県グリーンスタジアムであり、矢板中央が佐野日大を2―0で下し、2年連続9度目の優勝を決めた。矢板中央は12月30日から東京都などで開かれる全国大会に出場する。

 決勝は昨年と同じ顔合わせ。矢板中央は序盤から強気に最終ラインをセンターライン付近まで上げて、前線に人数を集めた厚みのある攻撃でゴールに迫った。一方、佐野日大も堅守から素早いカウンターで反撃。前半は互いに無得点のまま折り返した。

 後半、矢板中央はFW大塚尋斗選手(3年)のポストプレーを起点に攻めた。後半16分、MF土谷大晟選手(3年)のコーナーキックは、ゴール前で競り勝った大塚選手に当たって軌道が変わり、ゴール右隅に吸い込まれた。後半35分には左サイドでフリーキックを得ると、土谷選手のクロスボールを、ゴール前に滑り込んだDF白井陽貴主将(3年)が右足で追加点。大会通じて無失点の堅守もあり、逃げ切った。

 今年は県内の公式戦を無敗で終…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら