[PR]

 愛知豊明花き地方卸売市場(豊明市)が、保有する珍しい古典菊約100品種を展示する「日本の花文化遺産 変わり菊まつり」が10日、同市前後町の名鉄前後駅前広場で始まった。11日まで。入場無料。

 花でまちおこしに取り組む「とよあけ花マルシェプロジェクト」と県花きイノベーション地域協議会の主催。同卸売市場は8年前から、保有する江戸菊や伊勢菊、肥後菊などの品種改良に力を入れている。

 菊まつりでは、新たに開発した古典菊55種類を「江戸菊東海道五十三次」と名付けて展示した。満開の後、花びらが閉じながら折れ曲がる動きをする江戸菊の「花芸」も楽しむことができる。

 会場では、花をモチーフにした…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら