[PR]

 日本でも話題の「フライボール革命」。ゴロ打ちを避け、打球に角度をつけて打ち上げることを推奨する打撃理論は、本塁打数の増加を生み、大リーグを席巻した。ただ、良いことばかりではない。三振数は激増し、子供たちへの指導でも悪影響が出ているという。

 フライボールの理論は、打球速度と角度の関係性に着目したもの。速度98マイル(約158キロ)以上で、26~30度の角度で飛び出した打球は、安打になる確率が最も高いと言われる。実際、選手やボールの動きを記録・数値化する動作解析システム「スタットキャスト」が大リーグで導入された2015年以降、この関係性は「バレル(芯でとらえた確率)」と呼ばれる指標になった。この組み合わせだと最低でも打率5割、長打率1・500というデータが出ている。

 低め中心の配球に対応するため、2014年ごろにタイガースのJ・D・マルチネス(現レッドソックス)ら一部選手が採用。スタットキャストにより徐々に広がると、昨季取り入れたアストロズが、ワールドシリーズを制覇したことで世間にも一気に浸透した。

 年々進化している守備シフト対策ともいわれる。データ分析が進み、最近は打者ごとに極端な守備位置が敷かれる。これまで内野手の間を抜けていたゴロが、捕球されるようになった。

 17年にナ・リーグ最多213安打を放ったロッキーズのブラックモンも「強い打球を打っても野手の正面を突く光景が増えた。それならば、内野を越える打球を狙った方がいい」と実感する。シフトを打ち破るため、多くの選手が基本とされる「脇を閉めて上からボールをたたく」ではなく、両脇を開けてゴルフのようなアッパー気味のスイングに改良した。

 成果は本塁打数に表れた。16年、大リーグは7年ぶりに年間5千本を突破し5610本に。17年は史上最多の6105本だった。

 一方、マイナス作用も生まれた。進塁打など状況に応じた打撃は減り、淡泊な攻撃が増えた。打球角度を意識してボールを強打する打者が増え、バットコントロールでボールに当てる打者が減ったことで三振数も激増。長打を警戒し、アッパースイングではとらえにくい高めのストライクゾーンや、カーブなど縦の変化球が多用される傾向も関係している。年間三振数は、08年から11年連続でワースト記録を更新し、今季は4万1207個。対照的に安打数は1996年以降最少の4万1018本で、大リーグ史上初めて三振数が安打数を超えた。

 爆発力こそついたが、理論の浸…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら