[PR]

 トランプ米大統領は10日、パリでマクロン仏大統領と会談し、欧州の安全保障について「米国が多くを負担している。私はもっと公平にしたい」と述べ、欧州の国々に軍事費を増やすよう求めた。マクロン氏は「欧州の安全保障に米国だけが責任を持つのは不公平だ。よりよい負担方法が必要だ」と理解を示した。

 マクロン氏は6日の仏ラジオ局で欧州軍創設の考えを提唱。「中国やロシア、米国から欧州が自衛する」などと指摘した。

 これに対し、トランプ氏は9日、マクロン氏の構想について「侮辱的だ」とツイッターで批判しており、会談ではマクロン氏が歩み寄った形だ。(パリ=疋田多揚)