[PR]

 スリランカのシリセナ大統領は議会を解散し、来年1月5日に総選挙を行うことを決めた。これに対し、対抗する政治勢力は解散を憲法違反だとして提訴。政局の混乱は、中国とインドが主導権を争うインド洋周辺の勢力図にも影響を与えかねない。

 大統領は10月末にウィクラマシンハ首相を解任して前大統領のラジャパクサ氏を後任に据えたが、首相は無効を訴えてポストに居座り、大統領派と首相派がそれぞれ議会の多数派工作を続けていた。大統領は過半数を確保する見通しが立たなくなり、議会解散に踏み切ったとみられる。

 シリセナ大統領は2015年の大統領選で、ウィクラマシンハ氏の政党と協力。当時のラジャパクサ大統領の強権的な手法や中国への過度な傾斜を批判して勝利した。双方は連立政権を樹立したが、議会では首相派の数が大統領派を上回っていた。

 その後、政権運営の過程で、国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら