[PR]

 発達障害について悩む10代に向けたイベント「ハッタツトーク」が10日、東京都渋谷区の朝日新聞メディアラボで開かれた。朝日新聞と発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」との共催。中高生や保護者ら約50人が参加した。

 ゲストは、コーヒー焙煎(ばいせん)士の岩野響さん(16)とYouTubeなどで発達障害について発信する彩乃さん(29)、発達障害の人たちを支援するNPO法人の代表池田誠さん(41)。3人はいずれも、アスペルガー症候群や注意欠陥・多動性障害(ADHD)と診断を受けた。

 イベントでは、3人が小中学生のころの悩みや今の生活について紹介。10代のグループと保護者のグループに分かれて意見交換する時間もあり、10代の間では「自分のことは理解しているし、そこまでマイナスと思っていない」などと話し合っていた。ADHDと診断された都内の私立高校2年の女子生徒(17)は「自分と同じような境遇の子と話せてよかった」と明るい表情だった。(河原夏季)