【動画】上野動物園のシャンシャン、あすから独り立ちの訓練=東京動物園協会提供
[PR]

 来月で1歳半となる東京・上野動物園のジャイアントパンダ、シャンシャンが13日から、親離れに向けた準備を始める。母のシンシンから、少しずつ離れて暮らす予定だ。体重37キロとすくすく成長し、独り立ちの時期を迎えている。

 12日朝、屋外運動場に出たシャンシャンはシンシンと並んで竹を食べ、元気な様子でじゃれ合っていた。母子がそろう姿を見られるのも、年内いっぱいとなる見通しだ。

 野生のパンダは、1歳半から2歳ごろに親離れし、単独で生活する。シャンシャンも13日以降、まずは午前だけシンシンから離し、慣れれば午後も別居。12月中にも寝室を分け、離れて生活させるという。

 副園長兼飼育展示課長の渡部浩文さんは「まだ母乳をせがむ姿もみられるが、食事の多くは竹になってきた。母と離れて暮らすのは大人になるうえで必要なステップなので、温かく見守ってほしい」と話す。(西村奈緒美)