[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯が10日、広島県立総合体育館であり、女子ショートプログラム5位の紀平梨花(16)=関大ク=が逆転優勝を飾った。演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――フリーの演技を振り返って。

 「昨日の時点ではトリプルアクセル(3A)がずっと不安で、朝の練習で本当に何度も確認して、それを試合で実行できたのが本当にうれしい。最後の最後まで集中力を欠かさずにできたのが、本当によかったです」

 ――3Aを成功できた理由とは。

 「アクセルのタイミングを何回も動画で確認して、昨日の夜もイメージしながら寝た。今日の朝まであいまいな状態だったけど、こんなにも最後まで集中することを大事にしたっていうのが初めてだった気がする。何回も確認して、頭に入れておいたことが良かったと思います」

 ――演技後のガッツポーズは思わず出たのか。

 「ガッツポーズせずにはいられ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら