[PR]

 NHKは10日、総合テレビの深夜のバラエティー番組「テンゴちゃん」の制作を委託している制作会社が、街頭インタビューなどの映像ファイルを誤ったメールアドレスに送ったと発表した。映像に個人情報はないとしている。

 NHK広報部によると、制作会社のディレクター2人が9~10日、編集作業を再委託する業者に映像ファイルをダウンロードするサイトのアドレスをメール送信した際の宛先が誤っていた。委託先から伝えられたアドレスが間違っていたという。

 映像は約70分で、スタジオ出演者や街頭インタビューに応じた計33人が映っていた。広報部は「氏名や住所などの秘匿性の高い情報は含まれていない」としている。10日午後1時ごろまでにファイルを開けないようにしたが、送り先やファイルが開かれたかどうかは、確認中だという。

 NHKは今月2日にも、札幌放…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら