[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦のNHK杯が10日、広島県立総合体育館であり、ショートプログラム(SP)1位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリーでもトップの演技を見せて優勝した。演技後の報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――演技を振り返って。

 「そうですね、いい演技に1歩近づいたかなという感想です」

 ――いい演技に1歩近づいたとは。

 「メンタル面では負けていなかった。失敗が最初のサルコー、コンビネーションと色々あったけど、後味の悪くない演技だったかなと思います」

 ――6分間練習中の意識はどのようなものだった。

 「何も変わった意識はないです。やりたいと思ったことをやって、普通の自分が出せればいいかなと思って練習していました」

 ――ジャンプにつ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら