秋篠宮家の次女、佳子さまは11日、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた「第40回少年の主張全国大会~わたしの主張2018~」に出席した。

 大会では、全国の応募者約52万人から選ばれた12人の中学生が、日頃感じている思いを発表。佳子さまは客席でメモを取るなどして熱心に耳を傾けた。

 終了後、佳子さまは一人一人に、発表のきっかけや今後の夢をたずねるなどして交流。吹奏楽部の一員として熊本地震の被災者向けに演奏活動をした坂本優さん(15)には「すごく心に残る発表でした」と声をかけた。「死にたい」と思うほどの激しいいじめを乗り越えた経験を涙ながらに語り、「私は私らしく幸せになるために人生を駆け抜けていきます」と訴えた山形県の岩淵礼姫(あやめ)さん(14)には、今後の目標をたずねた。岩淵さんが「スクールアドバイザーを目指しています」と答えると、佳子さまは「夢に向かって頑張ってください」と励ましたという。(中田絢子