[PR]

杉本昌隆七段の「棋道愛楽」

 早いもので、今年もいつの間にか12月です。師匠も走る師走ですが、私も棋士として、また藤井聡太七段の師匠として、いろいろな経験をさせてもらいました。

 昨年は藤井七段の公式戦29連勝に沸いた将棋界でしたが、今年はどうだったでしょうか。

 2月に羽生善治竜王が棋士では初の国民栄誉賞を受賞しました。ご自身の記録、そして将棋界への献上度には本当に頭が下がります。将棋界にとっても素晴らしい名誉な出来事でした。

 棋戦では3月、佐藤天彦名人への挑戦を決めるA級順位戦最終局が大波乱。6勝4敗で6人が並ぶ史上初のプレーオフでした。ここを抜け出した羽生竜王と佐藤名人の七番勝負は、佐藤名人が4勝2敗で防衛。これで佐藤名人は「永世名人」まで残り2期です。

 4月には将棋界で八つ目のタイトル戦に昇格した「叡王(えいおう)戦」が開幕しました。金井恒太六段と高見泰地七段の若手同士の対決は、高見七段が叡王に。新しいタイトルホルダーの誕生は、今の将棋界を象徴する出来事の一つでした。

 愛知県出身の豊島将之二冠の充実ぶりも見逃せません。7月に羽生竜王を破って初タイトルとなる棋聖を奪取。9月には王位も獲得し、現在、将棋界で唯一の二冠。タイトルホルダーが7人いる戦国時代ですが、ここを抜け出し「豊島時代」が来る予感がします。

 藤井七段は今年も大活躍でした…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら