[PR]

(11日、錦織2―0フェデラー)

 いつもの錦織、フェデラーと違う。互いの良さを引き出し合う好ラリーの応酬ではなく、第1セットで目立ったのは、連鎖反応のようなミスの伝染だった。

 錦織の言葉を借りよう。「両方とも1セット目は良くなかった。ほとんどミスしていたので、リズムをつかみづらかった」。錦織は第1サーブの成功率が47%と苦しんだが、フェデラーのリターンミスに救われた。共にブレークポイントなく迎えたタイブレークを制してセットを先取した。この1年、タイブレークを含む「重圧がかかる局面」の勝負強さは世界1位という統計通りの粘り腰だ。

 ブレークを許す幕開けの第2セ…

この記事は有料会員記事です。残り331文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。