[PR]

 認知症の高齢者に身につけてもらうGPS(全地球測位システム)の端末を名古屋市が希望者に配っている。行方不明になったとき、家族らがGPSをもとに現在位置を調べ、早く発見できるようにする。

 端末の名前は「ミマモルメ」。手のひらに収まるほどで、ポケットや財布に入れて持ち歩ける。なくしたり忘れたりするのを防ぐため、端末を埋め込める靴も売られている。端末は2時間の充電で2週間ほど使うことができるという。

 家族はパソコンやスマホからウェブの位置情報システムにログインし、番号を検索して、端末の現在位置を調べることができる。

 名古屋市は昨年度から希望者に…

この記事は有料会員記事です。残り477文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り477文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り477文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース