[PR]

 交通事故に遭ったかのように装う「当たり屋」行為をしたとして、愛知県警は12日、同県豊田市下林町7丁目、契約社員野口英一容疑者(47)を詐欺の疑いで逮捕し、発表した。「事実が全然違う」と話し、容疑を否認しているという。

 豊田署によると、野口容疑者は10月3日午後6時ごろ、自宅近くの市道を歩行中、市内のパート男性(67)運転の乗用車とすれ違った際、故意に車に手を触れ、あたかも交通事故に遭ったかのように偽装。「何で逃げたんだ」などと怒鳴って停車させ、男性から現金2万円をだまし取った疑いがある。

 県警は、県内で2014年5月~今年10月で約70件、野口容疑者が当事者になっている交通事故を把握しているといい、関連を調べている。