[PR]

 大リーグの新人王が12日(日本時間13日)発表され、ア・リーグは投打「二刀流」の大谷翔平(24)=エンゼルス=が選ばれた。日本人選手としては、1995年の野茂英雄(ドジャース)、2000年の佐々木主浩(かづひろ)(マリナーズ)、01年のイチロー(同)以来、4人目。

 新人王は、全米野球記者協会に所属する記者の投票で決まる。大谷は今季、ベーブ・ルース(ヤンキースなど)以来の本格的な投打「二刀流」選手として、打率2割8分5厘、22本塁打、10盗塁、投手としては2度の右ひじの故障があったものの、10試合で4勝2敗の成績を残した。

 打撃成績は、ライバルと目されたミゲル・アンドゥハー(ヤンキース)に打率、打点、本塁打とも及ばなかったが、「二刀流」の話題性で上回っての選出となった。(山下弘展)

ア・リーグ新人王に選ばれた大谷翔平(エンゼルス)の話

 賞をいただけたのは光栄で、素直にうれしい。レベルの高いなかで1年間やってこられたのは、それ(受賞)以上に、非常にいい経験になった。

【大リーグの新人王に選ばれた日本人】年 名前 所属 守備位置 成績 

1995年 野茂英雄 ドジャース(NL) 投手 28試合 13勝6敗 防御率2.54 236奪三振 

2000年 佐々木主浩 マリナーズ(AL) 投手 63試合 2勝5敗37セーブ 防御率3.16 

2001年 イチロー マリナーズ(AL) 外野手 157試合 打率3割5分 69打点 8本塁打 242安打 56盗塁

2018年 大谷翔平 エンゼルス(AL) 投手兼指名打者(DH) (打者) 104試合 打率2割8分5厘 61打点 22本塁打 93安打 10盗塁 (投手) 10試合 4勝2敗 防御率3.31 63奪三振