[PR]

 マツダスタジアム(広島市)での日米野球に出場する大リーグ(MLB)選抜の選手らが12日、平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花した。平和記念資料館にも立ち寄り、動画の投影で被爆前後の街の様子を再現した展示などを見学した。

 この日は、ドン・マッティングリー監督(マーリンズ)やミッチ・ハニガー外野手(マリナーズ)、ドジャースの前田健太投手=元広島カープ=ら4人が訪れた。13日の第4戦に合わせたもので、MLB側が献花などを希望したという。

 ハニガー外野手は「悲劇的なことがあった町で、謙虚な気持ちになった。平和への思いを発信しているのを見て勉強にもなった」。前田投手も「この場所がすごく大切なんだ、と米国にも日本にも野球を通じて発信したい」と話していた。(東郷隆)