[PR]

 茶の製造・販売を行う和香園(志布志市)の第14回「お茶と私の詩句発句」表彰式と「カル茶ー(カルチャー)スクール」が11日、同市有明町原田の和香園本店茶音の蔵で開かれた。

 「お茶と私の詩句発句」には県内から208句(俳句130句、川柳78句)の応募があった。審査には俳句雑誌「火の島」(鹿児島市)の編集・発行人の丸山眞さんと出水市の詩人、岡田哲也さんがあたり、グランプリなどの入賞作品が決定。和香園の堀口泰久会長から入賞者に表彰状などが贈られた。

 この後、「カル茶ースクール」に移り、丸山さんと岡田さんが講評を兼ねて、俳句や川柳の楽しい作り方などをアドバイス。和香園の堀口大輔社長が、おいしいお茶の入れ方などについて説明した。

 堀口社長は「お茶を飲むときは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら