[PR]

患者を生きる・食べる「嚥下障害」(1)

 東京都三鷹市の加々井裕子(かがいひろこ)さん(62)は、「あいうえお」の50音が書かれた文字盤に人さし指を一つずつ置いて言葉を紡ぐ。

 「わたしにとって、たべるということが、いきるということ、そのものなのです」

 2010年8月。長男真義(ま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら