【360度写真】100周年を迎えた大阪市中央公会堂=小林一茂撮影
[PR]

 17日に開館100周年を迎える大阪・中之島のシンボル「大阪市中央公会堂」。赤れんがが特徴的な外観は、明治、大正期を生きた大阪商人が巨額の費用を投じて完成した。今は国の重要文化財として、和洋が融合した内装を見に訪れる多くの人たちを受け入れている。

 中央公会堂3階の特別室。鳳凰(ほうおう)と大阪市の市章「澪標(みおつくし)」を描いたステンドグラスから光が差し込む。天井には、日本書紀を題材にした絵が描かれている。

 中集会室では1918(大正7)年の完成時の姿のまま、3台のシャンデリアが残されている。大集会室の舞台縁は金箔(きんぱく)で彩られ、柱下部や腰掛けには大理石がふんだんに使われている。ここで人類初の有人宇宙飛行を成功させたユーリ・ガガーリンやヘレン・ケラーらが講演した。

 建物は、外観の赤れんがが象徴的なネオルネサンス様式だ。東京駅の設計に関わった建築家の辰野金吾らが設計した。

 建設費として当時の100万円…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら