[PR]

 裁判所から巨額の罰金の支払いを命じられたロシアの雑誌が、急速に広がった読者らからの寄付で、わずか4日で倒産の危機を脱した。罰金は政府に批判的な同誌に対する当局の締め付けの可能性があり、編集部も一度は存続をあきらめかけたが、言論の自由を守ろうという支援の盛り上がりに再び勇気を取り戻している。

 10月25日、プーチン政権に批判的な雑誌「ザ・ニュー・タイムス」の出版元に対し、モスクワの地区裁判所が2225万ルーブル(約3800万円)の罰金の支払いを命じる判決を下した。

 判決の根拠とされたのは、同誌が外国から資金提供を受けているにもかかわらず、当局に報告していなかった、というものだ。同社は資金をクラウドファンディングで集めているが、在外ロシア人からの送金を報告していなかったという。

 罰金額は明らかに法外で、同誌…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら