[PR]

 瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」と瀬戸内各地の魅力を紹介し、西日本豪雨の被災地も応援する「瀬戸リスト」。第4回は兵庫県明石市を訪れた。2人は釣り船に乗って淡路島の沖合へ。名人の指導を受けながら、魚釣りに挑戦した。

 STU48随一の「釣りガール」で、小学2年のころから趣味で魚釣りをしてきたという菅原早記さん(17)と、小型船舶操縦士の免許を持っているものの釣りをしたことがないという矢野帆夏さん(19)。2人は明石市で釣り船に乗り、ハマチを狙って沖合へ出発した。

 指導するのは釣り名人の安田明彦さん(59)。淡路島沖のポイントに着き、糸を垂らしてからわずか2分後、菅原さんが叫んだ。「きたー!」

 リールを巻きながら菅原さんは「上がらん!」と苦しそう。格闘から約5分後、ようやく大きな魚が海面に姿を現した。いきなり体長約60センチのメジロを釣り上げた。でも、菅原さんは「けっこう重かったです」と涼しい顔。実は今年5月、瀬戸内海で体長約74センチのマゴチを釣っていたのだ。名人も「さすがに慣れているなあ」と感心。

 その後、アタリはあるものの、なかなか釣れない。ポイントを何度も変えたり、えさをイカからアジに変えたりした。名人も「速くリールを巻いて」「さおの先をじっとさせて」と助言。だが釣り始めてから約1時間半がたち、「今の時間帯からは厳しいね」と名人。釣れたのは最初の1匹だけだった。

 矢野さんは釣れなかったけど、「待っている時間にワクワクしてすごく楽しかった。今度は私が船を運転して、さっきーが魚を釣って食べよう!」と笑顔。名人は「矢野さんも釣りの感覚が分かっていたので、タイミングさえ合えば釣れていたはずです」とねぎらった。(森直由)