[PR]

 ハローキティなどで知られるサンリオ(東京都)が販売していた子ども向けマニキュアなどから2016年、有害物質「ホルムアルデヒド」が検出されていたことが、関係者への取材でわかった。同種のマニキュアなど約6300本が販売された可能性がある。サンリオは、検出が微量だったなどとして公表していなかった。

 サンリオによると、16年3月、他社の漫画誌などの付録のマニキュアからホルムアルデヒドが検出されたことを受け、在庫商品について自主検査をした。

 その結果、15歳以上が対象の「ハローキティネイルカラー(クリアラメピンク)」と、「ぼんぼんりぼん」やハローキティをモチーフにした子ども用「コスメセット」のマニキュアから、20ppm~70ppm(1ppmは100万分の1)のホルムアルデヒドが検出されたという。商品は16年4月までに6329本が出荷済みで、その後は出荷していないという。

 厚生労働省などによると、ホルムアルデヒドは防腐剤や合成樹脂などに使われ、吸い込むとせきが出たり、触れると皮膚炎を起こしたりする可能性がある。発がん性も指摘されている。同省の「化粧品基準」では化粧品に「配合してはならない」と定め、違反した場合は製造販売業者に回収などの責任がある。配合していないのに検出された場合の基準はない。

 サンリオで検出された商品の製造販売業者は、東京都内の雑貨卸売会社。サンリオはこの会社から商品を仕入れていた。雑貨卸売会社によると、製造時にホルムアルデヒドは配合しておらず、容器も調べたが検出の原因は特定できなかったという。サンリオにも同様の説明をし、商品の自主回収はしなかった。

 サンリオは公表しなかった理由について、取材に「安全性に影響のない範囲との説明を受け当社としても問題ないと判断した」と説明。在庫分は雑貨卸売会社が引き取ったという。

 厚労省医薬品審査管理課は「ホルムアルデヒドは量を問わず化粧品に配合してはならない。商品から検出された際はケース・バイ・ケースだが、原因がわからない場合は製造販売元に回収も含め検討してもらっている」としている。(小寺陽一郎)