[PR]

 日本歯科医師会が主催する今年の「全国歯・口の健康に関する図面・ポスターコンクール」で、千葉県流山市立常盤松中学校3年の鏑木(かぶらき)美希さん(15)が最優秀賞の文部科学大臣賞を受賞した。応募総数203点の中から選ばれた。

 同校の美術部長を務めた鏑木さんのポスターは、近所に住む祖父が飼っていたゴールデンレトリバーの雄「ビック」と歯ブラシを持つ制服姿の自分を描いたアクリル画。「きれいな歯で いい一日を」の標語とともに、2週間ほどかけて描き上げたという。

 13日に後田博美・市教育長に受賞を報告した鏑木さんは「おじいちゃんが可愛がっていた犬だった。おじいちゃんに報告したら、うれしそうに喜んでくれた」と話した。市役所1階ロビーにも展示された絵は祖父にプレゼントする予定だという。

 後田教育長は「素晴らしい絵で、(受賞は)なかなかできないことですね」とたたえた。(青柳正悟)