[PR]

 スウェーデンのカジュアル衣料大手「H&M」を日本で展開するH&Mジャパンは13日、プラスチック製のレジ袋を紙袋に替え、有料にすると発表した。プラスチックごみによる海洋汚染が世界的な問題となるなか、企業による「脱プラ」の流れが加速している。

 12月5日から国内の全88店で紙袋に切り替える。紙袋の削減も目指して1枚20円(アクセサリーなどを入れる最小サイズだけは無料)で販売し、原価を除いた額を自然環境保護団体WWFジャパンに寄付する。「環境への責任ある消費行動を提供することは、顧客に前向きに受け止められるはずだ」と担当者。客離れにはつながらないとみている。買い物客にはマイバッグの持参を呼びかけ、300円前後で布製の袋も販売する。プラスチック製のレジ袋は、在庫がなくなるまで1枚20円で売る。

 H&Mは今年9月以降、進出する71カ国・地域のうち欧米やアジアなど30以上の国・地域でレジ袋の有料化や紙袋への変更を進めており、日本での取り組みもその一環。H&Mジャパンのルーカス・セイファート社長は13日の記者会見で「循環型のファッションビジネスを実現したい」と述べ、2019年12月期の紙袋の配布数を、18年12月期に提供したプラスチック製のレジ袋の半分に削減する目標も掲げた。

 外食企業では、プラスチック製のストローの提供をやめる方針を打ち出す外食企業が相次ぐ。コーヒーチェーン世界最大手の米スターバックスは、20年までに世界の全店で廃止する方針を表明。すかいらーくホールディングスも20年までに国内外の全店で提供をやめる方針だ。ロイヤルホールディングスは19年4月から、ロイヤルホストの直営全店で順次廃止する。(高橋末菜)