[PR]

 映画「Shall we ダンス?」などで知られる周防正行監督の最新作「カツベン!」(仮)の撮影が下呂市で行われている。大正時代の芝居小屋のイメージに合う建物を探した結果、下呂の施設が選ばれ、市民ら100人もエキストラとして参加している。

 「カツベン!」は無声映画の時代、独特のしゃべりで物語を作り上げる「活動弁士」が主人公のエンターテインメント作品。全国で撮影しており、市内では12日に撮影が始まった。

 13日は、幼い頃の主人公とヒロインが活動写真を見る場面を撮影。市民らのエキストラは着物の衣装を身につけ、観客役となって、歓声を上げたり、拍手をしたり。周防監督は子役に細かな目線の指示をするなどしていた。

 主演は俳優の成田凌さん。竹中…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら