【動画】漫画家・井上雄彦さんとシーホース三河の金丸晃輔選手が対談=瀬戸口翼撮影
[PR]

 漫画「スラムダンク」の作者・井上雄彦さん(51)とバスケット選手の対談企画の第3シーズン2回目は、日本屈指のシューター、シーホース三河の金丸晃輔選手(29)です。

 井上 B1の初代3点シュート成功率1位で、フリースローの成功率も2季連続でリーグトップ。どうして、そんなにシュートが入るのですか?

 金丸 答えるのが一番難しい質問ですね。自信を持って打つことが大事、としか言えないです。シュートは全部決めてやる、という意志を持つだけで、結果は違ってくると思います。

 井上 シュートを打つとき、意識をどこにおいているのですか。

 金丸 リングしか見ていないですね。僕の場合、調子が悪いとシュートが左にずれることが多いです。そういうときは、あえて、ボール一つ分右を狙うようにはしています。

 井上 相手に体をぶつけられても、シュートを決めきりますね。

 金丸 体幹と、シュートを打つ腕のひじが、リングに対して真っすぐになっていれば、大幅に崩れることはないですね。下半身がぐちゃぐちゃでも、問題ありません。ひじが曲がると、ブレにつながります。

 井上 右腕の手首からひじ上までを覆うサポーターが、印象的です。

 金丸 僕、すごい冷え性なんで…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら