[PR]

作家・乙武洋匡〈ひろただ〉さん(42)

 社会的に死んだ自分に、できることはもう何もないだろう。そう思っていた。2年前、不倫騒動への世間からのバッシング。「自業自得だった」。自宅に引きこもり、思考をとめ、ボーッと日々を送っていた。

 両腕と両足がない先天性四肢切断という障害があり、車いすが欠かせない。半生を描いた著書「五体不満足」を1998年に出版。多くの人の障害者観を覆し、「清廉潔白な乙武君」のイメージが広がった。その後、「どんな境遇に生まれてもチャンスがある社会をつくりたい」と、スポーツライターや小学校の先生などに挑んだ。

 だが参院選の立候補を検討して…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら