[PR]

 日米野球の大リーグ選抜に参加しているヘクター・ベラスケス投手(29)=レッドソックス=が滞在先の広島で、原爆に関する不適切な動画を作製したことが分かり、13日、本人が謝罪した。

 ベラスケス投手らによると、出身のメキシコにいる知人らに街について教えるため、広島の風景を撮影し、その動画の空の部分に「Atomic bomb(原爆)!」という文字とともに、爆弾のスタンプを貼り付けた。動画は投稿サイトのユーチューブにアップされた。ベラスケス投手は「伝え方を間違えた。皆さまを否定するつもりはない。やったことは申し訳ないと思います」と謝った。

 大会を主催する読売新聞グループ本社は「被爆者や広島市民の皆様をはじめとする多くの方々の気持ちを踏みにじるものであり、許されることではありません。深くおわび申し上げます。MLB(大リーグ)に対しては二度とこのような事態を起こさないよう、断固たる措置を求めてまいります」と謝罪のコメントを出した。また主催者などは「深く謝罪している」として、ベラスケス投手には処分を科さない方針。

 大リーグ選抜の選手らは12日に平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花するなどした。